「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」鑑賞

市内のMovixレイトショーで。
うーむ…と唸るしかない。いや面白いんだけど。面白いんだけど、どうなんだこれはとw
序はTV版の流れをほぼなぞりつつ映像クォリティを現役レベルに高め、キャラ演出も微妙に方向性をかえてきた、旧世代のファンが観ても安心出来る完成度ではあった。安定してはいたよね。
破はもう冒頭から新機軸の展開で、TVシリーズであったエピソードも出てはくるけど新展開を支える1パーツになってる感じ。アクションシーンは相変わらず完成度が高く、恐らく世界的にみてもこの映像感覚と速度はトップクラスなんじゃないかなと思った。
キャラは…みな素直だなw レイとかゲンドウとか別人だ。アスカも微妙に性格変わってるけど、なんかこうTVシリーズ?旧劇場版を経て1回り成長した感じ。
基本的には旧劇場版の流れを今回の破で全部やっちゃった感じ。後半のテンションは凄すぎる。ゆるい(けど恐らく重要な)前半との落差は相当なもの。
ただEDテロップ後のアレはどうかな。思わず吉本新喜劇を思い出したよ。ハリセンでどたまはたかれた感じ。「何やっとんねーん、しんちゃん」スパーン「テヘっ☆」みたいな。なんかあの瞬間、一気に現実へ引き戻された感じ。庵野さんっぽいと思った。
あと今回も使途は萌え萌えだった。奴らが真の主人公だろう、きっと。

タイトルとURLをコピーしました