リアワイパーゴム交換

リアワイパーのゴムがちぎれかけてたので交換。
206の場合、カー用品店等では純正リプレース品を入手するのは困難。純正品をディーラ等で購入してもいいのだが、ブレード自体の交換になり価格もそれなり。幸いリアワイパーはゴムだけの交換が比較的容易だ。

  • まず交換用のワイパーゴムを購入。リアワイパーには市販の350mmタイプが適合する。ワイパーゴムは断面形状にいくつかの種類があるが、トヨタヴィッツ助手席用がぴったり。
  • 古くなったゴムをブレードから外す。リアワイパーはゴムのレール部分にプラスティックの補強材が装着されてるので、それごと外す。
  • 新しいゴムを取り付ける。この時、ゴム端の片方がストッパーになってるので、その反対側からブレードに通すようにする。ストッパー部分はブレード側の爪がそこにひっかかるように押し込む。

これで終了。純正ブレードより安くあがる。残念ながらフロントワイパーはゴムを金属の爪で挟み込んで固定する構造になっていて、加工無しで交換するのが困難。フロントワイパーのゴム交換方法についてはまた後日。
※うちの206は前期モデル(オレンジサイドマーカー)なので、マイナーチェンジ後のモデルでは仕様が変更されている可能性がある。
○晩ご飯
ひうが@西調布で、唐揚げ定食
meal_20041013.jpg

タイトルとURLをコピーしました